ブルーライトの影響で食欲が増すって本当?

スマホやパソコンから出ているブルーライトには、太陽光に含まれている光であるためそれ自体は有害ではないです。しかし問題になるのは夜の時間帯にブルーライトを浴びてしまった場合で、夜に浴びると体は日光を浴びたのと同じ反応を示してしまい体を睡眠モードに導くメラトニンというホルモンの分泌が抑えられます。メラトニンが抑えられてしまうと、日中の食欲が増して知らないうちに体重が増えてしまいます。また深夜に起きていると、日中よりも食欲が増す事も分かっています。メールをチェックするだけなのが、ネット等を楽しんでしまい口寂しいためおやつを食べてしまう事もあります。このように、悪循環に陥りやすくなります。睡眠へ身体が準備し始めている夕方から夜にかけてブルーライトを浴び過ぎると体内時計が狂いやすく、体内時計が狂うと不眠を引き起こします。そこから食生活等の乱れが原因の肥満や生活習慣病に繋がります。ブルーライトの浴び過ぎが疾患のリスクを高めやすいため、注意が必要です。ブルーライトを浴びているのと、暗めの明かりの下にいるのでは15分後からの食欲の増加に大きな違いがある事が分かっています。食前や食後にブルーライトを浴びた直後の方が、食欲が高いです。

ビーネルアームシェイパーの通販

おすすめ